施術の流れ

HOME | 施術の流れ

施術の回数は、歪み度合いで違います

※当院の施術は「歪みを取り切る」ことを目標にしています。歪みの深さは個人差があるため、施術の必要回数に個人差が生じます。

 
 

基本レベル・・・通常 12回 

問診後、7つの姿勢(立位、座位、膝立ち、体操座り、仰臥位、腹臥位、側臥位)で歪みをとります。
 
この7つの姿勢での、骨盤帯(股関節含む)と、肩(肩甲骨、上腕、鎖骨)の歪みを、
200姿位以上、全て取り切った後で、最後に、背骨の歪みを間接的に調整します。 
 
新規の方の約7割は1~2回の施術で大きく改善します。
施術後、一週間から数週間、様子を見てください。
様子見の後、まだ、体調がすぐれない場合は、中レベルの調整をお勧めします。

 
↓
 

中レベル・・・通常 35

中レベル以降は、前回では検出していない歪みを取り除く施術です。
 
毎回の施術の最後に、仙腸関節 に働きかけることで、体が暗記して、取り除いた歪みが再発しなくなります。 
 
新規の方の、95%以上は、中レベルまでの歪みです。
ご自分の体から、歪みがなくなった状態、再発しなくなった状態を、是非実感してみて下さい。

 
↓
 

上レベル・・・通常 6回~

胸郭のバランスに、問題が生じているグループです。
胸郭の左右バランス、全体バランスを調えて、全身バランスに協調させます。
上レベルの調整では、
最終的に、患者様の足の脚長差、左右の脚長差が、ほとんどの場合これまでと左右反対になるという結果が出ています。

※もっと詳しく【専門用語になります】