骨格対応表

HOME | 骨格対応表

骨格対応表(一部)

全身の骨格は皆関連しあっています。
歪みと影響

 
側頭骨  ⇔ 骨盤(腸骨)    かかと(踵骨)
上顎      ⇔ 股関節    足首(距骨)
後頭骨  ⇔ 仙骨   かかと(踵骨の内側)
頬骨      ⇔ 胸郭
前頭骨   骨盤(腸骨稜の前面部)
 
蝶形骨(こめかみ)   鎖骨・恥骨
  (上奥歯の後ろ)     坐骨
 
篩骨      ⇔ 尾骨

背骨

C1(頸椎1番)⇔ L5(腰椎5番)
2 ⇔ L4
3 ⇔ L3 
4 ⇔ L2
5 ⇔ L1
6 ⇔ T12(胸椎12番)
7 ⇔ T11
 
1(胸椎1番)⇔T10(胸椎10番)
2 ⇔ T9
3 ⇔ T8 肩甲骨と関連
4 ⇔ T7 肩甲骨と関連
5 ⇔ T6 肩甲骨と関連

背骨 ― 背骨は

骨盤帯(股関節を含む)と、肩(肩甲骨、上腕、鎖骨)の歪み、によって、強く、影響を受けます。
このため、背骨の調整は、7つの姿勢で、 骨盤帯、 肩、の歪みを取り除いた後行います。