特長

HOME | 特長

7つの姿勢による全身調整法

7つの姿勢(200姿位)による全身調整法とは
カイロプラクティック、オステオパシー(クラニオ)他の施療技術を経て、反射区療法も踏まえた、全身骨格バランスの施療です。 

カイロプラクティック

歪みの考え方、分析 (アメリカ)

オステオパシー

頭蓋分析、間接法による体の調整(アメリカ)

反射区療法

東洋医学系

 
カイロプラクティック(wikipedia参照)
オステオパシー(wikipedia参照)
反射療法【リフレクソロジー】(wikipedia参照)

歪みの検出は、オーリングテスト

7つの姿勢のうち、今!すぐに調整可能な姿勢の検出(一番優先順位の高い姿勢の検出)及び、歪みの検出は、術者(私)の手を用いたオーリングテストで行います。オーリングテスト(wikipedia参照)

Oリングテスト

 
 

足(肩)関節法

オーリングテストにて、検出した歪みを調整します。
当院での体の調整は、反射区や、お客様の足(肩)関節を用いた間接的な全身療法です。
体への負担も少なく、いろいろな姿位で多くの調整ができます。 

座位での肩調整

座位での肩調整

肩の歪み方は、上下、前後、回旋、傾きの4方向。
体の調整は、タッピングや手で撫でる程度で痛みはありません。

 腹臥位での施術シーン

腹臥位での、施術シーン

例えば、「骨盤」が歪めば、骨盤の反射区である「かかと」が歪みます。股関節の調整は足首で、骨盤調整は反射区である、かかと、を用いた当院独自の足(肩)関節法にて行います。膝から下の、足の位置を変えた20パターンで行います。 

繰り返しになりますが、
体を調整するうえで、重要なポイントは、歪みを取り除く優先順位です。その優先順位は、体が教えてくれるものです。